ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2013/05/08

桐島が部活を辞めるだけの話

映画の「桐島、部活やめるってよ」を見た。
盛り上がりも無く退屈な映画だと思った人は多分心の奇麗な人間だと思う。
純粋過ぎて笑っちゃうぐらい。
多分僕とは友達にはなれない。自分が劣等感で嫌になるから笑
でもそういう人も僕の事をくだらないと思うし、ましてや興味を持つ事もないと思う。
これはそんなこっち側の人間のために作られた映画だ。

この映画の凄いところはその人の感想をきくだけでどのような青春を送っていたかが分かるところである。
だからあんまり仲良くない人とこの映画についてガッツリと話す事はできないだろう笑
学校生活にあるリアルな痛みとか目を背けたくなるような事実をフィクションとして受け入れられるか否か。
僕は受け入れられませんでした笑
登場人物の中に自分の要素を探してしまう。
共感というか、グループ間にある見えざる壁や段差に気づいてしまう。
あのイヤーな感じがコレでもかと言うぐらいに。

この映画はキャスティングも素晴らしいし映画の作りも工夫しててなかなかいい。
でも一つ何かな〜と思うならば、桐島クンの存在がファンタジー過ぎるところである。
まあ桐島クンは神でないとこの話は成り立たないからしょうがないのだが、
それ込みでも「さすがにそんな奴いねーよ」と思ってしまう。
決して姿を現さない彼が実在するとは思えないトンデモキャラ設定なのだ。
帰宅部連中とつるむ姿が想像できない。
他の人物はリアリティ全開なのに彼だけ一気にファンタジーすぎてそのギャップがなんか違和感を感じてしまった。

グッと来たシーンは映画部役の神木くんが映画悲報を読みながら相棒を待っているシーン。
うしろにいる女の「聴かれてんじゃね?」という会話のあの感じがやばい。
その後にある「おまたー」からの一連の流れ。
「俺が監督だったらあいつらは使わないね」と発言するものの、直接には「俺ら馬鹿にされてるよな。仕方ないけど」という会話は絶対しないあの感じ。
あと自分たちが出来ない側と自覚しつつも、出来ても意味が無いと自分に言い聞かせるサッカー終わりのシーン。
プライドとあきらめのせめぎ合いが見てて自分過ぎて死にそうになった。

あと死にそうになったのが橋本愛ちゃんが実は帰宅部のリア充とつきあってたシーン。
映画のキャラとしては橋本愛ちゃんはリア充の極みといったところ。
カースト最上位に属しつつも客観的な目線を持ち円滑に過ごすことに勤めれるし、底辺の神木くんとも会話する。そして部活もそつなくこなす。
神木くんに感情移入しているとまさに女神とったところ。
自分と同じ映画を見てると言う事実だけで自分寄りの人間だと勝手に思ってしまう。けど彼女の事情を汲み取れない。
映画館のシーンをみると神木くんとはくっつくことは無いがこっち側にも理解ある女子といったところ。
自分もつられて勝手に味方だと思い込んでいた。
でも結局はやること隠れてやっちゃてる感じが悲しかったね。
裏切られたと勝手に思ってしまう。別に彼女もそんなつもりないのに。 
丁寧に伏線もしいてて、それが分かっときの自分の滑稽さたるや。
自分の実体験と重なり辛さ倍プッシュ

この映画を見て言える事は、とりあえず語りたくなるって事です。 

桐島、部活やめるってよの本編はこっち