ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2017/05/27

Tシャツをアーカイブする

 nuitoというバンドのTシャツ。
ヌイトストアでパーカー含め、爆買いしました。
ネイビーだけどちょっと青すぎて期待はずれ。
カタカナでヌイトと書いてあります。アンテナ風仕上げ。
同じくヌイトT。
このナードっぽさとバンドっぽさ中間のいいラインのデザインが好みです。
NUITOって長く描いてあって読めない感じがかっこいい。
このパーカーも持ってて、お気に入りのひとつです。
nuito・ひらう氏の足元をイラスト化。
ノリで買ったけど、これはちょっとダサい。
heaven in her armsTシャツ。
ヘブンTはストアにあったら、とりあえず買っちゃう感じです。
同じくヘブンT。
ごちゃごちゃしててかっこいい。
ヘブンT。
「heaven in her arms」って単語だけ読むと、なんかダサイ気しません?笑
ヘブンTグレー。
無難さ溢れるTシャツです。
ヘブンTラスト。
激情系のデモテープっぽいデザインが好みです。
お次はenvy。
3500円ぐらいしただけあって、生地が豪華。
エンヴィT。
大学時代に着まくってて、ボロボロだけど未だに捨てれません。
「envy好きなの?」って声かけられるの期待したけど、そんな展開はありませんでした。

こちらもenvyT。
デカデカとしたフォト感が非常に好みです。
オンスが結構あるので重量感が好きです。
お次はthe band apart。
街の14景レコ発で買いました。
タイトめなシルエットなのでデブ化した今では、ちょっと着こなせません。
お次はATATATシャツ。
アタタはデザイン凝ってるのが多い。
でもこちらもタイトめですので封印中。
今は亡きthe brownTシャツ。
高校生の頃、地元にライブ来てて買いました。
tribal chairと一緒に来てたけどガラガラでしたね。
nervous light of sundayTシャツ。
 ディスクユニオンでCD付きで買いました。
この炭で染めたような絶妙な灰色がたまらないです。
秋に来日決定したdillinger escape planTシャツ。
海外通販初体験でこのTシャツたち買いました。
海外バンドは異常に通販が充実しており、見ているだけでも楽しい。
ちなみにパーティースマッシャーインクってのは彼らのレーベル名です。
同じくDEPT。
外人サイズなのでSサイズを買ったのですが、
タイトさはちょうどいいのに、胴が異常に長い!
外人は内臓も長いんだなと変に感心したものです。
あと1500円ぐらいなのですさまじくペラいです。ガーゼぐらい。
DEPTシャツ買ったらなぜかついてきたevery time i dieとかいうバンドのTシャツ。
後から音源確認してみたら音はひたすらにダサかった笑
その背面。
自分のセンスにないのでこれ着てると毎回不本意な気持ちになる。
出た!笑
ken yokoyamaおなじみFUCK KENTシャツ。
今思うとダサすぎですね。
高校の頃買って、文化祭の準備の時とかカッコつけて着てました。
外人の英語教師からすさまじく白い目で見られた思い出。
その背面。
ピザロゴがステータスな時期が自分にもありました。
ステッカーを筆箱に貼り付けて悦に浸っていた学生時代。
ラストはivory7 chordTシャツ。
最初のシングルのTシャツ付きセットでしたかね。
なぜかSサイズを買ってしまったのでピチピチすぎて封印してます。
そういえばギターはビーイング所属で職業作曲家になってたな。


2016/10/25

藤子不二雄はemo(AもFも)

この頃めっきり更新しなくなってしまったのでたまには適当に書く。
更新頻度が落ちてからその分内容重視というか意味のある記事を心がけていた。
いわゆるライフハック的なものからそこそこ世間に需要のありそうな俗に言う「当てに行った」記事ばかり。

昔のブログを読み返しているとほぼ毎日狂ったように暇をつぶすために更新しまくっていて、そっちの時代も懐かしいとしみじみ思うようになった。
あの頃はとにかく隙間を埋める感覚というか、自分の中にある特有の発想や感情でまだインターネット上で共有されていなかったり言及されていないものをとにかく書いていた気がする。
まあその手の発想というのは現実世界で友達に投げかけてみてもなかなか共感を得づらいものであって、インターネット上でも同様にアクセス数的にはほぼゼロに近い。(どっかのバズった記事きっかけで他の記事も取り敢えず巡ってみた暇人ぐらいしかみてないでしょう)

そんな高尚な発想を書いているわけでもないけどなんだかんだでどっか引っかかってほしい気持ちがあってブログを書き始めたのを思い出した。
要するに友達がほしいのである笑

今回はその手のことについて書くつもり。

小学生の頃本屋で偶然立ち読みした忍者ハットリくんのある話。
確かその会のタイトルは「我が家についにテレビがやってきたぞ!の巻」みたいな感じで、ハットリくんが穀潰っている家庭にテレビがついにやってくるという時代性の感じるお話だった。
テレビがやってきて一喜一憂する姿になぜか小学生の僕は涙が出そうになった笑

今でこそ当たり前のテクノロジーだけど連載当初は最新のものとして扱われるテレビ。
それを恐怖と畏敬の念を持ちながら接していく昭和の人々。
家族たちはテレビを買ってきた父親に対して「ついに動いた!」的なリアクション。
典型的高度経済成長期の中流家庭のあの姿を見事にギャグ漫画に落とし込んだのである。

なんかすげー泣けるんだよね笑
三丁目の夕日的なノスタルジー的感動とかは自分は全く持ち合わせてなくて、そういう角度のエモーショナルではない。
あくまでも「ハットリくんの家にテレビがやってくる」って事実がなんか涙をそそるの。
藤子不二雄節がそうさせてしまったのでしょうか。
誰にも共有できないけど、自分の中でのなんか切なさみたいのがハットリくんのあの話には詰まっている。

もう一個藤子不二雄関連エモーショナル。
ドラえもんのなんかの話で、のび太が金欠からストーリーが始まるんだよね。
んでお小遣いをどうしても稼ぎたいから、三時のおやつに出てきたどら焼きかなんかを母親に対して「僕はこれを食べないからどら焼き代75円を頂戴」みたいなゴネる話。

親の金で買ってきたお菓子を自分が食わないからという理由だけで菓子代請求をするのび太の姿。しかも真顔で。
んで、意外にものび太ママも「あら、そう」みたいなリアクションで普通に菓子代渡しやがるの。
そっから普通にいつものストーリーが始まっていくんだけど、僕はそこがめちゃくちゃ引っかかった。

なんか悲しい。
親の立場でドラえもんを読むと子供の真顔なクズさに涙が出そうになってしまうんですね笑
子供が喜ぶと思って自分の金使って菓子買ってきたのに、「俺いらないからその分の菓子代頂戴」って不条理。
んでそれに疑問も持たずに素直にそういうものとして応じちゃうドラえもんワールドの住人。
読んでて、「野比家って貧乏じゃなかったっけ?」みたいな余計な心配もしちゃうともうダメですね。
そのことが心に引っかかりすぎて切ない感情になってしまうのです。

そういえばこれに似た現実世界の現象を思い出した。
「今日学食で飯食うから弁当いらんわ。あと500円頂戴」ってやつ笑
親視点からするとマジでぶん殴りたくなりますね。

2016/10/03

キングオブコント2016 ざっくり感想

2chもツイッターも一切チェックせずに放送終了とともに熱があるうちに自分の感覚を書きます。

審査員五人というシステムに変わり二年目。
正直、芸人100人審査というのが魅力であった原理主義者としては旧KOCとは別に生まれ変わった大会として観ていますが、未だに楽しみなコンテンツであるということは変わりありません。

審査システムが変革した昨年、露骨な変化が一つありました。
旧KOCでは芸人審査という側面もあってか、より革新性というかネタ自体の発想力的なものが評価されやすかったとネタの傾向を見ていて思うとこが多かったです。
そりゃ審査するのは同じようにコントを作り演じる同業者なわけですからそこに当てに行くには発想力や「ここでこれをやるか!」と感心させるような度胸というのが必要だったのです。
その価値観は勿論、予選を見にくるようなコアなお笑い好き達にも共有され予選段階でも所謂、「玄人ウケ」みたいなのがより求められるようになったのです。
(勿論、玄人ウケが全てなわけでもなく優勝するコンビなどは基本的に一般ウケも得ているバランスの良い上質なネタであることは間違いないと補足させてもらいます。あくまでも出てくる芸人のネタの傾向のお話です)
そのせいで大舞台で爆散するコンビも多々見られたのもKOCの魅力でありました。

そんな価値観を持ったままの去年の大会。
実は決勝メンバーが発表されるまでは決勝大会での審査方式などは発表されていませんでした。
出場する芸人達は勿論、五人審査というのを現時点では知りませんから、従来通りある種戦略的に芸人審査や準決勝の客にウケそうなチョイスを考えてきます。

蓋を開けるとどうでしょうか。
準決勝で大爆発したと言われるネタ達がいずれも不発に終わったり、松本・バナナ・さまぁ〜ずといった所謂最先端のコントシーンから降りた(才能が枯れたとかそういうわけじゃないですよ)審査員達からはあまり評価を得られないという結果になりました。

この辺りから「ライブシーンと茶の間の乖離」というのが言われるようになりまして、お笑い界の一つの問題として議論されるのも多くなってきたのです。

そして昨年の大会で露骨な傾向が一つ見られました。
それは天丼やわかりやすい繰り返しのシステムを用いたネタが客や審査員に大ハマりしたということです。
ロッチの試着室のネタや、コロチキの天使のネタ、卓球のネタなどがそれにあたります。
「もうどうくるかわかってるけど笑っちゃう」みたいなやつです。
しかし、それらは既存のKOC的価値観からすると「確かに面白い。でも新しさもないし決勝上がってくるのもわかるけどKOCという舞台に向いていない」的なネタなのです。(昨年のM-1のトレエンやタイマがそれにあたります)

まあ今までの傾向と違いすぎたネタが爆発したということもあってネタの傾向にある種のパラダイムシフトが起きたのは間違いありません。
だって、今年の大会を見てたらわかるでしょう。
ほとんどのコンビが前年プロップスを得たようなシンプルな繰り返しで笑いを取ろうと模索していたのです。
シチュエーションと最初の起点になるワードやボケを設定したら後はどんだけそれで発展させていくかの勝負。
勿論、そこには絶妙な脱線加減や繰り返しの回数、使い方などセンスが相当に必要とする部分があります。
それが今年のキングオブコントであったと感じます。

ずらっとその傾向があるネタを並べてみました。
①しずる(誰もいない)
②ラブレターズ(バント!バント!スリーバントアウト!)
③かまいたち(首が落ちるマジック)
④ななまがり(なす持ち上げるときだけ左利き)
⑤だーりんず(童貞)
⑥タイムマシーン3号(小銭)
⑦ジグザグジギー(ハエつかんだ端で飯食べる)
⑧ライス(してくれよぉ〜)
⑨かまいたち2本目(手を挙げて自白)

なんと今回披露されたコント15本中9本がその性質を持つネタなのです。
勿論、ネタの枝葉の要素として繰り返しが用いられるようなものもありましたがそれは除外しています。
あくまでも、今回に関しては「そこの繰り返しのしょっぱな外したらネタ全体が死亡」的な要素を孕むネタが多数あったことは異論ないでしょう。

その中でもやはり評価されたのはその要素を核にせず要素として済ませたジャングルポケットやライスであったと思います。
勿論、かまいたちなどその繰り返し要素だけで笑いをもぎ取ったコンビも存在しますが、今回の優勝準優勝からもわかるように、そういった要素があくまでも基本にありつつ、排除したのが優遇されていたとも言えます。

つまり、前年のトレンドを察知した芸人たちはそういう繰り返し・天丼要素のあるネタ作りに腐心し、そういう傾向が多くなり勿論決勝でも多数上がってきたのですが、やっぱり優勝するのはそれに固執しすぎないような満遍ないネタだということです。
(繰り返し天丼ネタがつまらないと言っているわけではなくて、当てに行きすぎなコンビが多く個人的には残念な思いが多いということです)

まあ今回は全体的にウケてきるコンビが多かったように感じられます。
特に二本目のラウンドなんてほぼ全組が一本目を超えたり同水準の高いクオリティのネタを披露したことには間違いないでしょう。(かもめんたるのぶっちぎりのキモさも良かった笑)

タイマとかまいたちに関しては二本目は過去に見たことのあるおそらく本人たちのお気に入りのネタを披露していたところも良かったです。
(ただタイマ二本目の後半は只のショートコント連続みたいになってて残念でした。あとかまいたち二本目は4分しかないんじゃもったいない)

ライスは設定が確定した時点でのウケ方で転ばない限り優勝確定という感じでしたし、ジャンポケもほんと僅差という感じで、非常に満足度の高い決勝ラウンドだったと感じています。

なんというかコントに革新性が積極的に求められる時代は終わったんじゃないかなとも感じました。
今回で新しい発想を感じたのはかもめんたるの一本目ぐらいでしたし、そこのこだわりはあんまり重視されないようになってんじゃないかなあと思います。
「普遍的に面白い」みたいな要素をいかに見つけるかというのがやっぱ今の時代は必要なんじゃないでしょうか。
というか4分間で一番コンスタントに評価を得るための攻略法が、今回多発したような要素を持つものではないかなーとも感じます。

まあ、ななまがりのようなぶっ飛んだ要素を持ったコンビが決勝上がってきたのも救いですが、やっぱり4分間で面白さを伝えきるには「上手にコントする」ってのが必要となってくるのではないでしょうか。
だーりんずもあれで大爆発する様子も十分に想像できる余地があるネタでしたし(今回は不発だったけど笑)、ジグザグジギーに関してはあのまま後半歌とダンスのあるリズム系のボケやってたらVTRの重厚なフリもあって100点だったのが惜しいです笑
しずるやラブレターズも純粋に二本目が見たくなるようないろいろできるコンビであることを再確認できました。
(しずる池田の待機ルームのでの活躍はMVPもの。あとラブレターズはスリーバントってチョイスはちょっと野球知らない人には厳しいんじゃないかと勝手な懸念)

まあ僕はライス二本目とジャンポケ二本目を比べるとややジャンポケ優勢かなと思いました。
ジャンポケ優勝で丸く収まるのがなんとなく収まりもちょうど良かった気がしますし、ライスがこれから羽ばたいていく姿が想像できないってのもありますが笑
ライス優勝には十分納得なんですが、なんというか「これぞライス」みたいな要素を感じられなかったのが少し懸念材料。
十分面白さも才能もあるのですが、ある種笑いの種類としては無個性過ぎるのが今まで売れなさ過ぎた原因ではないかとも思います。

2016/08/15

スマートドラッグのすすめ

明晰夢を見るためにハマった各種米国産サプリメントですが、元々の効果はスマートドラッグという名の通り脳の機能を向上させたり集中力を強化するなど実用的な面が強いのです。
正直、社会人としてほとんど毎日仕事をしている僕としては明晰夢効果よりも労働効率のアップなどが生活に直結する問題でありまして、必然と自己能力を向上させる効果を持つスマドラにハマっていくのでした。

今回は普段自分が常飲している10種類のスマドラを紹介しましょう。
朝と昼に各ドラッグを1錠ずつ(1日20錠!)飲むのを習慣にしてまして、確かに脳みその回転感を感じれてエンジン全開で1日を迎えられるのですが、種類を多く飲み過ぎてもはやどれがどう作用していないのかあまりわからないのはご愛嬌。

ちなみに国産サプリは眉唾ものの可能性が高く、医薬品扱いされる米国産サプリと比較すると気休め程度の成分含有量しかありません。
スマドラの真の効果を期待したいならiherbなどで米国産のものを購入するのが一番良いでしょう。(値段的にも)

ピラセタム
画像左上のNootropilという怪しげな箱です。
スマドラの代表といえばピラセタムらしく、アメリカの大学生たちは試験前になるとこれを飲み勉強にブーストをかけるそうです。

個人的な感想としてはとにかく集中力が極まり、冷静になるというものです。
本を読んでる最中の「今熱中してた」みたいな深まり感に常に居られるというか、何か作業に打ち込みたいならもってこいのドラッグであるといえるでしょう。

しかし、逆にそのような気分になると誰とも喋りたくなくなったり、集中はしてるんだけどそれ以外に関してはめんどくささや無関心さなどが芽生えがちです。
勉強など対自分との戦いにおいて有用であるといえます。
コミュニケーションが必要な作業においてはあまりお勧めできないかもしれません。

コリン
画像左下の黄色いやつです。
脳の基礎的な栄養素ということで、先に紹介したピラセタムやその他スマドラたちが脳みそのパワーを解放するものとしたら、こちらのコリンはそのパワー解放で消費されるエネルギーを補うという効果があります。
いわばガソリン的な役割でして、各種スマドラを服用する際にはエネルギー源として必要不可欠な飲み合わせサプリメントなのです。

Lチロシン&ギンコ
コリンの隣の二つです。
チロシンはテンションを上げる物質であるノルアドレナリンやドーパミンを増やすという効果があります。
アッパー系のスマドラなので何かやる気を出したい!みたいな気分のときにおすすめです。

そしてこれとセットなのがギンコ。
ギンコは日本で言うところのイチョウのことであり、なんと血管を拡張させ血流機能を向上させるという効果があります。
こちらも血の巡りを良くすることでテンションの向上などの効果を得られるアッパー系のスマドラなのでチロシンとセットで使うとなかなかの効果が発揮されます。

とりあえず朝はこいつらとコリンを飲んどけば特有の不快な気分はいつの間にかなくなり頑張り続けることが可能となるので社会人の皆様にはおすすめです。

Lテアニン
主にお茶に含まれる成分でリラックス効果があるらしいです。
ストレス軽減や抑うつ症状の軽減などに有効であり、他のアッパー系のスマドラと併用しても相反し合わないという特徴を持っております。
また、睡眠時にも眠りの質を改善するのにかなり効果があるらしく、5-HTPやメラトニンと併用するのもまた良いでしょう。

α-GPC
こちらは脳の栄養素でありアセチルコリンの材料となっています。
主に集中力のアップや認知機能の向上が認められ、こちらも作業開始時に飲むことで効率アップが望めるでしょう。

後で紹介するDMAEと併用して利用すると注意力散漫対策に効果絶大であります。

ビンポセチン
こちらもギンコのように血流機能を改善する効果のあるスマドラですが、特徴的なのが脳の血流のみを改善するという点。
全身血流ではなく、脳みそをピンポイントでつくことによって、集中力、記憶力、知覚認知力を向上させるという夢のようなドラッグです。

いわゆるドーピング的ではありますが、運動時などに使用しても瞬時的な判断能力の向上が認められるでしょう。

DMAE
アルファGPCと同様にアセチルコリンの材料となるサプリメントです。
ADDやADHDといった症状改善に絶大な効果を持つらしく、注意力の向上などが認められます。
ドジっ子はこれを飲んでドン臭い自分を卒業しちゃおう!

フペルジンA
シダ植物由来のオーガニックな成分であるのが売りであり、もともとはアルツハイマーの症状などに効果があるそうです。
基本的な効果としては記憶力の向上や認知力のアップなどが期待でき、勉強のお供としては欠かせないサプリメントになることは間違いないでしょう。

Lフェニルアラニン
主にうつ症状や不安感、緊張感を軽減する効果を持ちます。
そして空腹感を軽減させる効果も併せ持っており、ダイエットにも有効なものであるといえるでしょう。
マイナス要素を軽減させるスマドラであり、能力プラス系と併用することにより、その効果をさらなるものにする補助的なものです。
まあ、単独で使用しても十分な効果は望めますが。

以上、僕が愛飲しているスマドラ全10種類でした。
どのスマドラも即効性があり、飲んですぐに効果を実感できるというか脳みそや視野や集中力において機能向上を感じることができます。

もちろん、人によっては吐き気や頭痛などの副作用が生じる可能性もあります。
自分の体と相談して無理なくスマドラと付き合っていきましょう。
あくまでもこれらは自分の能力を引き出す補助でしかありません。
ベースとなる自分の体を健康にして、初めて効果を生じるものです。