ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2014/02/25

都会の死に場

大都会ってのは五月蝿いもんです。
まず人が多過ぎる。
がやがやと人の波が押し寄せ、人疲れしてしまう事が良くあります。
あとクルマも多いね。
狂ったように排気をまき散らしながら、これぞ現代社会!って感じの様子がよく見られます。
なのでクルマと人が多いと騒音が酷いです。
都会だから当たり前じゃんと思うかもしれませんが、音にフォーカスを置いて生活してみると、めちゃくちゃ五月蝿いですよ。
良くこんな環境で平然と生活できるのかと。

別に都市を放棄して農村へ回帰し、人間としての本質を取り戻そうとする思想みたいのはありません笑
田舎にコミューンを作り、共同生活を行う事でヒューマニティーを回復したくもありません笑

まあ僕もこんなクソうるさい某大都会に住んでいるんですが、都会ってのは不思議なもので、めちゃくちゃ五月蝿い場所から通りを一本それると、あり得ない程の静寂が広がる場所ってのがあるんですね。
僕はその場所を「死に場」って勝手に呼んでて、その心地よさが素晴らしいって話をしたい訳なんですよ。
マジで都会のくせに「シーン」ってほざいてて、死んでる訳ね。

例えば、オフィス街の裏路地みたいな所ね。
ゴリゴリに都市化されてて、ビルだらけなのに一軒だけぽつんと民家が立ってそうなあそこですよ。
恐らく、土地の買い取り交渉しまくったんだけど、立ち退かなかった老夫婦が住んでるんだろうね。
そういうエモい場所にはエモい空気が漂うんですよ。
ビル越しにうっすらと聞こえる喧騒と死に場の静寂の対比がまた素晴らしい。
特徴としては思わず立ちションしたくなる雰囲気があります。

あと、線路脇とか高架下みたいなインフラの脇ね。
謎の広場とかあって心地よいんです。
電車が通るとそりゃうるさいけど、それ以外のときは最高にサイレンス。
何て言うか、ゲームの裏ステージというか、バグ技でしか入れなさそうな雰囲気が堪らないんです。
本編とは関係ない寄り道要素みたいのを持っている訳なんですね。
特徴としては思わず立ちションしたくなる雰囲気があります。

あと河川敷ね!
夕方以降に行くとなおよいですよ。
アソコって街灯とかついてないから真っ暗な事が多くて、しかも障壁なしに平野が広がってるから、都会を客観的に見る事ができるんですよ。
目の前に広がる輝かしいオフィス街と漆黒で静寂な河川の構図たるや。
UFOが降りれそうな広い土地を持つ河川敷は最高です。
あそこに一人で行ってタバコをふかすのが堪らないんだよね。
あと特徴としては思わず立ちションしたくなる雰囲気があります。

オカルト的に言うと、「磁場が強い」って言うんでしょうか笑
こういうエモさに幽霊を持ち出すのは粋じゃないけど、死に場にはそういうニュアンスを含んでると感じますね。
ダークサイドを集客するというか、いわゆる陰の要素を集めそうな場所です。
大都会の陽の雰囲気に嫌気がさすと、そういう場所に吸い寄せられちゃうのですかね。
やっぱり特徴としては思わず立ちションしたくなる雰囲気があります。

死に場というより、尿意スポット。

2014/02/23

本物のうまい棒

ツイッターにも書きましたが、駄菓子ってのは本物の食べ物のパロディーである事が多いんですね。
焼肉さん太郎だったら焼肉を意識してるし、ココアシガレットならタバコを意識している。
子供達が手に入らないような食材達を駄菓子としてアレンジして安く提供している訳ですよ。

食文化の一端を担う重要な産業であると思いますね。
おかしの○○味からその料理の事を知れちゃうから、食に対する興味を持たせるには持ってこいだと勝手に思っています。

ビッグカツ食ってて本物のトンカツを食べたくなることが良くあります。
これは代替行為としても貧乏人のために駄菓子は存在しているのです。
モノホンが食べられない人々の欲求を満たす役割もあります。
かにかまとか似たような精神性ですね。

んでうまい棒が好きで結構食べるんですけど、食ってるうちに本物が食べたくなるわけですよ!
うまい棒ってめんたい味とかコーンポタージュ味とか色々あるじゃない?
あれはあれで美味しいんだけど、あくまで駄菓子としての代替物でしか無い訳じゃない?
だから、プレーンうまい棒に本物のたらこを塗りたぐって食べてみたいんですよ!

チーズ味なら熱々チーズをぶっかけて、チーズフォンデュよろしく頂く。
コーンポタージュ味ならちょっとオシャレに浸しちゃったりなんかして。

いわゆるリッツパーティーをうまい棒でやりたいんです。
平日の昼間から沢口靖子と一緒にワイン片手に友達集めてうまい棒パーティーがしたいんですよ。
生ハムチーズをうまい棒に載せて、優雅にパーティーを楽しみたいんですね。
うまい棒ディップでソース食べ比べしてみたいんですよ。
だから、やおきんさん、プレーンうまい棒をお願いします!
駄菓子からオサレパーティーに欠かせないちょっとしたおつまみになるチャンスですよ!

あと、うまい棒の紙袋についた粉が美味いから、「舐めるうまい棒」ってのも欲しい笑
ポケパチみたいな感じで、棒にまるっこいプレーンうまい棒が刺さってて、大量にあるうまい粉をつけてぺろぺろするの笑

それか拡張パックみたいにして粉別売りみたいなね。
粉をブレンドして、君だけのうまい棒を作ろう!みたいなノリで行けば、なお良し!

2014/02/22

下の名前

大体人間は苗字で呼ばれるか下の名前で呼ばれるか、あるいはあだ名で呼ばれるかに分類できる。
その呼び分けは大体の呼びやすさとか本人のキャラに合致したものがあると感じる。
フレンドリーな奴だったら大抵下の名前で呼ばれる事が多いし、ちょっと距離があるなら大体苗字に君付けとかサン付けの事が多い。
例えば林健太。
活発野郎だとしたら「健太」、ナードなら「林」or「林くん」、あだ名で呼ばれるなら「ハヤケン」って感じですかね。

特に大人になるとフォーマルな場では苗字でしか呼ばれなくなる。
下の名前の存在がだんだんと薄れてくるのである。
家族や親しい友人ぐらいにしか下の名前で呼ばれなくなる。
それ以外の状況では自分を表す書面での記号としてしか機能がなくなるのだ。

そういう人はまだ最低限の働きが下の名前にあるのでいいだろう。
しかし僕は基本的に苗字でしか呼ばれない笑
小学校ぐらいまでは下の名前+君付けだったが、そのうち苗字で呼ばれるような事が多くなった。
特に下の名前がくん付けしないと呼びづらく、中学になり男子同士での君付け文化が廃れていくと、必然と苗字で呼ばれるようになったのだ。
まあ、みなさんお分かりのように僕は下の名前で呼ばれるようなキャラでもなくなってきたんですよ。
下の名前も名前負けしまくっているというか、全然似合ってないっていうね笑

まあ、それ以来下の名前で呼ばれることなんてなくなってきたんですね。
回りの人はみんな苗字で読んでくるし、唯一下の名前で呼ぶ家族とも滅多にあわない。
女の子でさえ、苗字くん付けで呼んでくる。そういうキャラだから笑
こうなると、下の名前の存在意義みたいのが無くなって気持ち悪いんですよ。
書面でしか下の名前の存在を実感できないというか、もはや判別でしか意味を持っていないというか。

んで何でこんな話をしてるかというと、自分の下の名前の意味とかが気になってこの前ふとググってみた訳ですよ。
まあポジティブな意味合いで素晴らしい言葉でセンスのある名前だなーと実感していたんだけど、ココ十年ぐらい人から呼ばれてないから完全に持ち腐れてるわけね笑
なんかその状況が凄い気持ち悪さというか違和感を感じてしまったの。

例えば、伊集院光の本名は篠岡健って言うらしい。
彼の事を「健」と呼んでくれる人は多分ほとんど居ない訳よ。
家族は呼んでくれるかもしれないけど、恐らくほとんどの人々は「伊集院」って呼ぶと思うんだよね。
なんかそういう「伊集院を健って呼ぶ人はいないんだなー」と思うと凄い気持ち悪い感情になる。
自分の下の名前が呼ばれないのもそれに似た気持ち悪さを感じる。
彼の場合は芸名が乗っかってるから、その気持ち悪さみたいのはもし自分だったらハンパないと感じます。

自分の名前なのに自分のもので無い感じというか。
アイデンティティーとして下の名前があんまり意味をなしてない状況がきもいわけよ。
たまに「全然知らない女と勝手に結婚してる事になって、回りから祝福される」 っていう個人的にトラウマ級の夢を見るんだけど、それを見た時と似たような違和感ね笑

今更、下の名前で呼ばれたい訳じゃなくて、
外人みたいに「俺の名前はエドワード。エディって呼んでくれよな。」みたいな気さくさが欲しい笑
嗚呼、 無間地獄。

2014/02/11

サンドストーマーズ

アナログ放送が停波してから二年半あまりが経過した。
普段はデジタル放送ばっか見ているが、ふとした瞬間にアナログの事が気になってみてしまう。
チャンネルをアナログに切り替えると、「デジアナ変換 」と画面の端っこに書かれ、デジタル放送を無理矢理アナログで再現したようなきったねー放送が未だに健在である。
しかし、全ての局には対応しておらず、下にはCATVのテロップが満載で、「デジアナ放送は2015年に終了します」というのがまた哀愁。
本当にアナログ放送が終了する瞬間が待ち遠しくなった。

適当な局にチャンネルを回す。
砂嵐が流れている。
砂嵐なんて滅多に見なくなったから、凄い久しぶりでノスタルジーになった。
しばらく、それを眺め続ける。
「もうすぐ、若い世代は砂嵐なんていう概念すら知らなくなるんだろうなー」とエモい感情に。
デジタルの「電波の状態が悪く受信できません」とか「チャンネルが設定されていません」みたいな無機質な警告文も親切設計でまたいいんだけど、やっぱり砂嵐の不親切感というか「無」みたいなのに惹かれる。
しばらく見続けると何か起こりそうなホラーにも通ずるあのワクワクは砂嵐でしか味わえない。

電波ジャックで謎のメッセージがそのうち流れ出るとかオカルトな放送が始まるとかしばらく期待しながら砂嵐を眺め続けるが何も起こらない。
停波した今だから、ありそうだけど現実はそんなこと起こらないんですよね。
まさに 廃棄された世界って感じが堪らない。
デジアナ変換とか「棄てられた世界になお残り続ける住人のために残された自主的なインフラ」感が最高じゃないですか?笑
SFでスラムに迷い込んだ主人公が偶然出会った少女の家で、「こっちでもまだテレビってあるんだ…」みたいに思うあの感じですよ。
ちょっとメカとかに詳しい奴らがイリーガルな方法でデジタル放送を引っ張って来てるいみたいな。

結局何も無いので、ちょっと寂しさを覚えながら奇麗なデジタル放送へチャンネルを切り替える。
にぎやかで奇麗な世界がそこには待っているけど、アナログ特有の泥にまみれた感は皆無。
進化とか成長ってこういう事なのね、としみじみ。

たまには砂嵐、いいですよ。

2014/02/07

肉じゃがコント

ピンポーン
A「ハイ?」
B「あっ、隣に住んでるものですけど、突然すいません」
A「どうも、どうかしたんですか?」
B「実は肉じゃがつくりすぎちゃって、もしよかったらと思って」
A「ほんとですか?わざわざすいません」

B「いきなりこういうのもどうかと思ったんですけどね」
A「いえいえ、有り難いです。しっかし肉じゃがとか久しぶりに食べるなー」

B「よかったです。お口に合うかどうか」
A「ありがとうございます。じゃあ遠慮なく。すいませんねー」(肉じゃがを受け取り、扉を閉めようとする)
B「八百円になります」(扉を押さえて)
A「えっ?」
B「だから、八百円」
A「えっ??」

B「肉じゃがの、代金が、八百円になります」
A「お金取るんですか?」

B「そうですよ。知らない人に無償で配布するなんて、npo法人じゃあるいし」
A「民間?」
B「はい、最近流行の有限会社です」

A「そんな流行ってないですけどね。てか、いきなり知らない人の家に押し掛けて、代金取るんですか?肉じゃが詐欺じゃなですか」
B 「詐欺じゃないです。立派なビジネスです。肉じゃがビジネス、通称ニクネスでやらして貰ってます」
A「なんすか、それ!どちらかと言えばジャガネスでしょ!」
B「えっ?」
A「引っかからなくていいよ!おれのセンスだから!大体、そういうのは確立されたビジネスモデルとなってから、日系トレンディとかの雑誌がつけるんだよ、雑誌が!」
B「今のジャガネス、いいですね。もし良かったらこの地区のリーダーになりません?センスありますよ」
A「唐突だな。ナンだよ、リーダーって!」
B「厨房で黙々と肉じゃがを調理するジャガネス界では一番偉い役職です」
A「作る方なの!?確かに肉じゃが作るのは重要だけど、普通リーダーってのは指示を出したりするんじゃねえのかよ」
B「職人気質に憧れがありませんでしたっけ?」
A「ねえよ!俺の何がお前に分かるんだよ。肉じゃが職人なんてださくてお母さんに自慢できないよ!」
B「まあまあ、リーダー、そこまで怒らなくても。こっからプランを練り上げましょうよ」
A「まだ、リーダー就任してないって!顧客だよ!大体ね、そんな押し売りされたら嫌ですよ。こっちだって、あなたみたいな隣人に気使って、貰ってあげてるだけなんですから!」
B「やさしさ、ですか」

A「そうだよ!断ると気まずいし、こういうのは何となく貰っちゃうもんなの!そこをつけ込むのは酷いって。」
B「そこなんです!」

A「えっ?」
B「普通、隣人だったら、うけとっちゃいますよね?これはその善意を利用した詐欺まがいの押し売りなんです!」
A「いっちゃったよ、押し売りって!」
B「はっ!これがまさかメンタリズムですか!?」
A「お前が勝手にいったんじゃねえか!誰がダイゴだよ」
B「…コンプリート」
A「それはdrレオンだよ!時空を捉える方の奴!」
B「…サプライズ」
A「それはセロな。看板からハンバーガー出す奴。てかお前、胡散臭いマジシャン好きだな」

B「…ジャガニーク」
A「だれだよ!しらねーよ!」
B「あっ、これ僕の決め台詞かつ当社のキャッチコピーです!」
A「適当過ぎるだろ!糸井重里マジ切れするぞ。大体お兄さんね、こういうあこぎな商売は辞めた方がいいよ。いつか絶対後悔するから。な?真っ当に働いて、真っ当に生きようぜ」
B「すいません、私肉じゃがを作るのが大好きでつい、作り過ぎちゃうんですけど、友達もいなくて、誰にも食べてもらえなかったから…、でもタダであげちゃうと、貧乏だからお金も掛かるし…何とかビジネスにしようと足りない頭を使って必死に考えたんですよ…」
A「そうなのか…大量に作る方が悪い気もするけどな…」
B「今時、肉じゃが専門店を開いても絶対はやらないだろうし。こういう形でしか思いつかなかったんですよ」
A「専門店って…確かに頭足りてないな…てか、肉じゃが以外つくれないのかよ…わかった!俺がお前の肉じゃがを買ってやる!」

B「本当ですか!」
A「成功するといいな、このビジネス!」
B「ありがとうございます!」
A「じゃあ八百円ね。ハイ」
B「アッ、配達料が別で九百円掛かるので合計、千七百円になります」
A「たけーよ!元の値段超えてんじゃねーか!しかもお前となりの部屋だろ!マジで押し売りだな!」
B「ごめんなさいリーダー。まだ業界のしきたりが良くわかってなくて」
A「だからリーダーじゃねえよ!城島かよ!あと業界とかないからね!こんな隙間産業!てか産業でもねえよ!」
B「とりあえず、一口でいいから食べてみてください!味にだけは自身があります!それから、やっていけるか判断しますんで…」
A「わかったよ、一口だけな。パクッもぐもぐ」
B「どうですか…?」
A「うーん…純粋にまずい!」(長さんのダメだコリャ的テンションで)


江戸っ子でもないのにツッコミが標準語になるのは何故だろうか。