ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2013/05/11

いわゆるアイツ等

夢とは不可解なものである。
記憶の再構築だとか、自分の深層心理を反映しているだとか諸説あるが、
自分でも発想できない事を勝手に脳内で放送する事があるのが更なる謎である。

夢には学生時代の友人が一番出てくる。
多分自分にとって一番楽しかった時期に逃避しているのだろう。
しかし、仲の良かった奴だけでなく、記憶の片隅にしかいないアイツ等も沢山出てくるのだ。
普段の生活で絶対思い出す事もない。
別のクラスの話した事も無い奴や、同じクラスでも存在をあまり認知していなかったアイツ。
夢の中でいたなあと思い出すのだ。
彼らは僕の記憶しているときの姿で元気そうに動き回っていた。
彼らの性格など知る訳が無い、夢の中では何故か必ず彼らが動き回っているのを遠巻きに眺めている笑

かといって起きたらそいつらの事はどうでも良くなる。
起きてすぐの夢を覚えているとき一瞬だけノスタルジーを思い出し、
夢の記憶は消去されすぐに現実へと呼び覚まされる。
これが深層心理を反映しているのだろうか。
夢で久しぶりに思い出すレベルの奴が心の奥底に引っかかっているとは考えづらい。

でも何故か夢の中でもアイツ等が出て来たところだけインパクトがでかい。
好きだった女の子でもなく、カースト的に意識せざるを得なかったリア充男子でもない。
夢でやっと思い出したアイツ等が出てくるのだ。
しかも全員笑顔
楽しそうにアクティビティに勤める彼らは微笑ましい 
この現象、非常に興味深い。

僕もアイツ等の夢の中でアイツ等として元気に走り回っていると思うと胸熱。