ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2013/06/16

次世代ワールドホビーフェアに行ってミュウが欲しかった小学生

趣味が無い。
人並みに本を読んだり、映画を見たり、音楽は聴いているが、
それに関してはドップリって事が無い。
趣味は何?って言われたときに自信を持って言える物が無いんです。 
本当にその道に詳しい人と話したりしていると自分の浅さが浮き彫りになり、
趣味とは名乗れないと自覚する事も多々ある。

「アイツと言えばアノ趣味」みたいな人は感心してしまう。
そこまでの情熱を持てない。
いろいろ手を出してみるもののある程度で満足してしまうのだ。
更にもう一歩上の段階へ行く事は無い。
お金をかけたり、日常生活を割いてリスクをある程度負ってまで打ち込む気になれない。
そんなとき、「本当に俺はコレが好きなのか?」と自問自答してしまう。
そしていつの間にか冷めている自分が居るのだ。

小学生の頃、ポケモンに嵌っていた。
ゲームはもちろんの事アニメや関連商品も結構集めたりしていた。
家ではポケモン、友達と会えば対戦、学校ではポケモンごっこ、とかなり洗脳されていた。
そんなある日、コロコロにミュウが貰えるイベント開催!という記事が載っていた。
バグ技でしか出せない伝説のポケモンなのだが、それが正式な方法で手に入るのだ。 

めちゃくちゃ欲しい。 
とても心踊ったが記事をよく見るとその配布会場は東京だった。
当時、糞田舎に住んでいた僕はすぐさま諦めた。
東京に親戚なんて居ないし、そのためだけに行くのもコストが掛かる。
親に頼んでも絶対に無理なのは分かっていた。
普通の子供なら、ダメ元で頼んでみたりするものだが僕は何故かミュウがどうでも良くなってきた。
心の中でそのイベントの存在を抹殺してしまったのだ笑

こんなにポケモンが好きなのに、実生活と関わってくると一気に冷めてしまう。
お金とか場所とか現実的な問題に直面すると、酸っぱいブドウではないが
そこまでしてミュウが欲しくなかったと悟ってしまった。
もし行ける事になっても労力を使ってまで欲しくなかったと気づいてしまっただろう。
その程度の情熱だと分かったときポケモンへの熱が一気に冷めた。

そんな思い出がこの無趣味さの根底に深く根ざしている気がする。