ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2013/08/09

更新停止の切なさ

ネットでいろいろ調べてるとき、個人ブログに良くぶち当たる。
ニッチな情報をのせてくれている素晴らしいものだ。
どんな細かい情報でも誰かはそれについて言及してたり、
自分と同じような発想を持っていると非常に感動する。

ちなみにこのブログもそんな君たちのために書いているつもりです。
というか僕が読者だったら一番楽しいブログにしようと頑張ってます。
もうひとりの自分を満足させたい自慰識コンテンツなのですよ。

基本このブログには検索経由で皆たどり着く事が多いのですが、
自分の思った通りのワードでたどり着いてくれると嬉しいのですね。
そんな時は「こいつ、わかってる!」と一人で夜な夜なほくそ笑んでいます笑

本題はこっからで、
僕はそういう感じで個人ブログにたどり着いたとき必ずする事があります。
それは、最新の記事をチェックする事です。
せっかく同じような考えを持つ人の所にたどり着いたんだから、
その人の事をもっと知りたくなりません?
だからネットストーカーまがいの事をするのですね笑

最新記事を見たときにまだまだ現役で更新しまくってたら安心する。
しかし、更新停止していたときの切なさはヤバい。
これがネットの哀愁を一番感じさせるところである。

過去にテキストサイトが全盛を極めたあの時代。
しかし、ブーム終了後はほとんどが更新停止やブログに移行し、更新頻度も低下していった。
まあノスタルジーなんですが、中にはサイト消滅と共に消息不明みたいな人もいてめちゃくちゃ悲しいんですよ。

ブログ全盛時代も終了した昨今、こういうことが再びふえているのですね。
あんなに面白い彼らは今何をしているのかってとても知りたくなるんです。
元気にやってたらいいけど、やっぱネットはそこらへんが不透明なのがもどかしいです。

あと、最近ではツイッターに移行したというパターンも多いです。
そんな感じで更新停止ブログ管理人のツイッターを発見した時の感動はでかい。
特に、時事ネタとか現代社会で生きてます!って感じの話題をつぶやいてた時は時空を超えてふれあえる感動が巻き起こりますね笑

だからブログやってて更新停止した奴らは
一年に一回でいいから「生きてるよ!」って報告しろ!って話!笑
何も言わずサイト消滅してたら悲しいじゃないのよ。