ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2013/03/06

nervous light of wednesday

今日は久しぶりに11時過ぎまで寝る。
趣味の一環と言うとおかしいかもしれないがニート生活に置いては夢が楽しみの一つとなっている。
しかし、夢とは不思議なもので起きた瞬間にすべてを忘れてしまうのだ。あんなに不思議な体験はない。何かを見ていたのは覚えているのにその内容を一切覚えていないなんてメメントの主人公のような気持ちになる。

今回は珍しくその内容を覚えていた。部活動に関わる夢で、靴が自分だけ見つからずひとりぼっちで探すというネガティブすぎるものだった。
やっぱりいい思い出よりも悪い思い出が印象に残るように悪夢や鬱夢は記憶に残りやすいんだと感じる。
しかも今回の場合は恐怖で飛び起きて「夢で良かった」と思ったパターンだったのでなおさらだと思う。

と言う事を昼寝起きの今書いているが、昼寝のとき見た夢を全く思い出せないでいる。
晩飯食ってこよ。