ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2015/07/09

ワンピースをほとんど知らない人が「ワンピース」の正体を予想するコラム

所謂ワンピース世代直撃の僕ですが、ワンピースはなぜか食わず嫌いしており、ワンピースを通らなかった少年時代を過ごしていました。
大人になった今更、数十巻近くを読み始める気力もなく、ドラゴンボールやハリーポッター、ロードオブザリングと一緒に「死ぬまで読まないリスト」に入ることでしょう。

まあワンピース世代ですのでテレビ・友人・ネットやウィキペディアなどで得られる最低限の情報は得ています。
ルフィ一味が海賊王、はたまた伝説の海賊、ゴールド・ロジャーが残した「ワンピース」という財宝を目指し、日夜奮闘する、といった最低限度の知識ですが。
また、実際友人宅にあったワンピースにチャレンジしたこともあり、不覚にもウソップ海賊団解散のシーンでウルッときてしまったため、そんな自分にムカつき、読むのを辞めたという少年期の「尖り」エピソードすら存在します。

まあ、性格があまのじゃくなので、読んだら絶対面白いということは理解できているのですが、今更感のせいでなかなか食指が伸びないというのが原因です。

ネットでワンピースの正体について結構議論が交わされるのを見るのは好きで、よく見たりするのですが、自分でも知識ないなりに考察するのが楽しくて、筆を走らせている次第です。

まず、ワンピースとは 「海賊王ゴール・D・ロジャーが遺したとされる、富と名声と力の『ひとつなぎの大秘宝』。『偉大なる航路』の終点・ラフテルにある可能性が高く、海賊なら間 違いなく、その宝を目指し、『偉大なる航路』に集まると言われている。白ひげはその正体を知っており、もしこれが見つかれば世界はひっくり返ると述べてい る。一部ではただの伝説とされていたが、実在することを白ひげが死に際に世界に公表した」


とウィキペディアには書かれています。
ネットの予想では、「財宝という名前の通り、物質的にお宝が眠っている説」や、ひねくれ者がまず考えそうな「 これまでの冒険が財宝だったんだよ!ドン!説」が蔓延っていますね。
とにかく、ここまでワンピースの物語のウリとして引っ張るってことは、何か作者的にも考えがあるのでしょう。
こっから僕も色々と予想を立ててみることにします。(マジでワンピースの詳細ストーリー知らないんで突っ込みどころ満載だろうと思いますが、そこはご愛嬌。ワンピみたいな話作るなら俺ならこうする!的妄言として、読み流してください)

①パソコンなどのその時代には存在しない機器
まあ、ファンタジーだと思ったら実はSFでしたーという古典的なオチですね。
未来人が紛れていて、そのテクノロジーを伝えたとか、遥か昔に滅んだ古代文明が現代文明以上のテクノロジーを持っていたとかですね。
そんで、ワンピースの海賊時代は我々の文明が滅んだ後の未来のお話で、彼らは未来人だったんだ!ドン!とかありえそうです。
ゴールドロジャーさんも未来人or古代先史文明とコンタクトがとれた選ばれし人間で、それさえ持っていれば、世界がひっくり返るという条件にも合致する気がします。
パソコンに限らず、核兵器であったり、エスパー的武器だったりと、時代のオーバーテクノロジーであったらなんでもいいんです。

②人物
ワンピースさん(便宜上)がそこにはいるという説ですね。
ワンピースさんは何か特別な能力を持っていたり、とにかく出会うと凄いことが起こるのでしょう。
ゴールドロジャーさんが残したとウィキにはあるので、ゴールドロジャーさんの子孫だったりするかもしれません。
「ハイパー凄い大海賊の俺の子供なんだから、『ひとつなぎの大秘宝』と言っても過言じゃない!ドン!」オチすらも考えられます。
はたまた、未来人や古代人、さらには宇宙人の可能性すらあります。
SF的可能性を追い求めるとなんでもありなのできりがありません。

③言語・知識・宗教
世界をひとつなぎという点だけに着目すると、言語であったり、宗教などの「価値観を統一するもの」がワンピースである可能性もあります。
実際ワンピースは皆んな日本語で会話し、世界政府という言葉すらもあるので、言語的には全世界統一されている可能性が高いのですが、何か新しい価値観としての言語の可能性もあります。
それこそ、オーバーテクノロジーを持った古代人や未来人、宇宙人とのコンタクトに必要とする言語である可能性もあるので、いい線ついてるんじゃないんでしょうか。

知識というのは曖昧ですが、宗教に内包されるような感じで、みんな同じような価値観持とうぜ!的なノウハウが記されていると予想します。
世界をひとつなぎとは額面通り受け取れば、みんな同じ神様信仰してハッピーになろうぜ!的ニュアンスであり、ワンピースとは世界宗教を作り出すカルトな物語であったんですね。
んで、この物語自体が、聖典としてのちの時代に読み継がれるとすれば完璧でしょう。
天下のジャンプでそんな嫌なオチにしないと思いますが。

④たどり着いた肉体に得られる能力
前述した通りワンピースの詳細はほとんど把握していないのですが、ゴムゴムの実とかの能力バトルということはなんとなく把握しております。
ワンピースにたどり着くことができる身体能力というのは、もうそれは、一般人には成し遂げれない強靭なものでしょう。
その肉体or肉体に宿る能力こそが「ワンピース」とする予想です。
「経験こそがワンピースだった」というものにやや似ている感じはありますが、その肉体に宿った「血」を啜ると、驚異的な能力者として覚醒するなどといった、ややオカルトチックなオチもあり得るでしょう。
あと、「ワンピースの実」というものがあり、それを食べると世界がヒックリ変えるような凄い力が宿るという予想もありますが、これは小学生レベルの発想ですかね。

はい。
ざっとこんなもんでしょう。
無知ゆえの矛盾点はたくさんあると思いますが、人が物語を作るときに「最終的なお宝」とするものって、だいたいこんぐらいのパターンが考えられますよっていう考察みたいなもんです。
それもガッカリさせるかは置いといて、読者をいかに裏切れるかというものを挙げるとここら辺が妥当なんじゃないかなあと思います。

まあ、財宝などの物質的価値を持ち、かつ世界を豹変させるような能力的価値を持つものが一番いいんじゃないかとも思いますね。
そこはストーリー中に伏線を張ることで、効果的に演出できると思います。
取り敢えず、全く読まないなりにもワンピース最終回が楽しみな人はいるんですという報告でした。